www.equipepodium.org

FX(外国為替証拠金取引)の魅力は、一つだけの投資商品であるのですが投資期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスの中からいずれを選ぶのかということによって、資本の投下の手だてがまるっきり変わってくるという部分にあると言われます。最初に外貨投資する「長期の投資」を見てみましょう。長期のスタンスというものは一年以上の長期投資が前提とされています。普通は為替相場で一年以上も後々の為替レートは円高と予想するか、ないし円安であるかを予言するのは一般的に無謀に近いです。ほとんどの場合、「そこまで後の変動は予言できない」というのが一般的だからです。予言もできないものを頭を使って推測しようと努力したところで、それは無茶苦茶な行為なのです。そのため、外国の貨幣を買ったとして、その時点での価値よりも円高になったとしてもそのマイナス分はしばらく経てば円安に戻るはずだという気楽な感覚で売買に挑む必要があります。為替の利益を懸命に目指すよりも別の収益それはスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)で利益を上げるのを、第一の目的ということで投資してみましょう。言うまでもなく、少しの期間で為替変動のマイナスが大きくなることもあります。ですから、そんなマイナスにも影響の少ないよう、レバレッジを必要最小限に売り買いする心がけは必要です。FXは、損が一定額以上に広がってしまうと、追い証(追加保証金)を求められたりそれともストップロス(ロスカット)がかけられたりします。ストップロスがかかったらすぐに取引をフィニッシュせざるを得なくなり長期トレードは厳しくなります。リスクを回避するにはレバレッジ2?3倍あたりでトレードする方が良いでしょう。次に中期スタンスの売買を見てみましょう。中期スタンスのケースでは、長くても2ヶ月程度先々を見越しての売り買いを行います。為替トレードの時は、約1ヶ月くらい先のことはおおかた推測しやすいと思われます。G7のような公式の議会の内容や、為替のトレードで取引している人たちがどういうポイントに着目しているかを考えてみれば、そこそこ予想がつくと思います。こういったファンダメンタルズを見つつチャートを参照することで、レートのレベルを把握する事ができどちらのポジションかを見定めるべきです。基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とジャッジのどちらも光りあるいは買い傾向が同様であれば、ほぼ判断した通りに動くと思って大丈夫です。そんな時は保有高を増やしておけば高い儲けを入手できると思います。最後に短期トレードのコツ。この短期トレードは言うなればデイトレードのことを指しています。為替でデイトレをする際経済情勢は決して絡まないと断言していいです。というのは次の日の為替レートの変化に経済の状態は影響しないからです。ここでの最大のカギは注目される事柄がある際、それによって為替のレートが大幅に動く機会を見落とさないようやり取りしましょう。例として、アメリカ合衆国で雇用者の統計が公示される、ないしは金融会議等により金利が変動するというようなこと。こういうタイミングに変移をものにするという意味合いから、短期トレードは高度なデータが必須となる。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.equipepodium.org All Rights Reserved.