最初に言われるのが先述の通り

コンピュータのディスプレイの前に座って、いつも変化している市場を眺めていると何やら売買をしなくてはいけないという欲求に煽られる場合も少なくないと思います。クリアネオ レビュー

でも、ぼんやりした考えでトレードするのだけは、決してしてはいけません。2 万 円 借り たい

事実、為替相場は年中常にどこかで外国為替相場が開かれているし為替レートも常に、変化しています。葬儀 花 種類

そうであっても、考え無しにエントリーを積み重ねると、その回数だけ損をする危険が上がります。秦野市 直葬

もちろん、注文の回数を積む事で、少しずつ勝ち負けの確率が50%、50%になるのは周知の通りです。洗顔 シミ

でもこれは「なんとなく勘でトレード」してしまうこととは話が違います。コンブチャクレンズ カロリー

売り買いの回数を重ねるということは「ここだ!」と考える感覚を持った状態での売買回数を積むという事を言っています。http://carcasse.info/

格段の理由がなく、のべつ幕なしトレードを重ねるのとは明確に違う。

外国為替市場の戦いに勝つためには緩急をつけることこそが必要です。

「ここは勝てる」と思えた相場の時には、思い切って所持ポジションを買い増して集中して利益を追求する。

「だいぶ分かりにくい外国為替市場でどう上下するのか理解できないな」と思ったならば、保持ポジションをひとつ残さずクローズして何もせず静観します。

それぐらいのテンポでやった方が最後に売り買いは儲けられます。

相場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

本当にその通りだと思います。

外国為替相場とは売買ポジションを持つことがすべてではなく、何も所持せず何もしないこともまた、必要です。

じゃあ、どのタイミングで、休めばいいのでしょうか。

最初に言われるのが先述の通り、最近のマーケットが具体的に分からない時です。

現状からどうなるのかわからないような時は、何も考えず行動すると、自分の考えた脚本とは違った方向にマーケットが変化してしまい損してしまいます。

そのため、こういった時はポジションを諦めそのまま何もぜずに様子を見ているのが唯一出来る事です。

もうひとつの場面は、あなたのコンディションがすぐれない時です。

体の調子と為替相場に何の影響も与えないと思う人もいるだろうが。

現実には大きくつながりがあります。

体の状態がよくなければ、為替相場の重要な状況で冷静な決断ができない。

気乗りがしない時は取引から遠ざかる事も必要な事です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.equipepodium.org All Rights Reserved.