三ヶ月以内に発行された書類が有効とされています

車を売る場合や、それから車の査定の際もどちらも印鑑証明が必要になってきます。ブランドものでクレジット

この印鑑証明について解説しましょう。マイクレ

印鑑証明というのはある印鑑が実印として効力を持つということを実証する目的の公式な書類です。

印鑑証明書がなければその印鑑に関して実印として効力を持つことが保証できません。

大きなお金が動く売買になる自動車の買い取りなので、実印が必要になりますがそれとセットで印鑑証明という書類が必要となるのです。

この印鑑証明を交付してもらうには、発行前に印鑑証明することが必要です。

書類に登録する印鑑は正式には実印と呼ばれこの世に一つだけの印鑑でなくてはなりません。

実印を手配して、自分が住む市役所などの案内係に行くことで印鑑登録の手続きができます。

印鑑登録の手続きをすれば、印鑑登録カードというものが発行され印鑑登録をしたはんこは実印ということになります。

印鑑証明書を交付してもらうには市町村役場の担当部署へ行き、印鑑登録証明書交付申請書に必要項目を記載して印鑑登録カードを出すだけです。

そして、自動交付機で印鑑証明を交付する事が可能です。

印鑑証明そのものには有効期限などはありません。

ですから、いつ取得した印鑑証明であってもその効力は持続するということです。

ですが、自動車売却の際には、必要となる印鑑証明は三ヶ月以内に発行された書類が有効とされています。

基本的には期限を定める必要はありませんが、車両の買取の際は、買い取る側が必須となる有効期限を定めていますので、仮に自動車の買い取りの予定があるなら、最初に用意しておく必要があります。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.equipepodium.org All Rights Reserved.