書籍の宣伝広告

書籍の宣伝広告、スポーツ新聞紙、電柱に見られるチラシやDMなどで「借金の片付け任せてください」「多重負債を統合したいと思ったら」などといった宣伝を読むことがありませんか。

これらは、「整理業者」「買取業」「紹介業者」と呼ばれる悪徳会社の嘘広告のときもあるということなのです。

そういったものを使った場合には自己破産申請フローの中で一番重要な免責認定をもらえない恐れが存在します。

「整理人」ではダイレクトメールなどで多重債務者を集め、常識外の費用を要求して負債整頓をするのですが実際のところ整理は行われないまま、債務者は一層の債務スパイラルにはまってしまう失敗がほとんどと予想されます。

「買取業」とは債務者の分割払いで、家電、新幹線のチケットをたくさん仕入れさせ、借金者から品を購入額の2割から半額で受け取るという手法です。

当人は短期には現金が得られますがそのうちカード企業による購入物の販売額の請求が届くことになり、実際は借金額をアップさせる結末で終わります。

このケースではカード会社へ犯罪行為ということになり免責承認をもらえません。

「つなぎ業者」の場合大手金融業者から拒絶されるようになった借金者に対し業者としては融資はせずに、金貸しをする別の企業を紹介して、高額な手数料を要求する会社です。

紹介者は直接の努力で貸出してもらったように説明しますが実際には特に何もせず単純に調査の通りやすい会社を伝えているだけというやり口です。

このときも借金額を増やすことになります。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.equipepodium.org All Rights Reserved.